J.T.S(Journey through the stars),ジャーニースルーザスターズ
シルバー専用保存袋,シルセーブ,シルバーアクセサリーの保管方法,シルバーアクセサリーの黒ずみ防止方法
ホーム銀製品の保管方法

 【着用後のお手入れ方法】

 シルバーは化学変化しやすい金属なので、着用後、そのままにしておくと

 汗や汚れに含まれる硫黄成分と反応し黒く変色(硫化)が進みやすくなる為、

 着用後は乾いた布やティッシュペーパーで

 カラ拭きして汗などの汚れを取り除いてから保管します。

 

 【シルバー専用保存袋を使う】

 おすすめのシルバーアクセサリーの保存方法は、

 シルバー専用の保存袋が販売されていますので、

 それを利用するのが一番ベストです。

 実際に使ってみると、さすが保管目的で作られているだけあり、かなり効果があります。

 

  【ご使用方法】


 1.銀製品は柔らかい布でカラ拭きするか、シルバー専用クリーナー等でクリーニングし、乾燥させます。


 2.用紙のザラザラした側(印刷が無いほう)に薬品が塗布してあるので、こちら側に銀製品を入れてください。


 3.なるべく内部の空気を出して密封します。

 

 ●

 

  【ハガティーシルバーシルバースプレーを使う(シルバー変色防止スプレー)】

  柔らかい布にスプレーして、銀を磨くと、硫化防止皮膜を形成し半年~1年程度変色を防止します。

  

 ●

 

 【サランラップ(クレラップ)やジップロックで包装し保管する場合の注意点】

 銀のアクセサリーをサランラップ(クレラップ)やジップロック等の

 ラップ材で包んでおいたら変色しないとネットや雑誌の記事を目にする事がありますが、

 その場合の注意点を書きます。

 ラップ材は主に①塩化ビニデリン系と②ポリエチレン系の2種類があります。

 

 【サランラップクレラップ等】

 ①塩化ビニデリン系ラップは、その名のとおり塩素系のプラスチックで、クレラップやサランラップがこれにあたります。

 ラップ自体から塩素ガスや塩素イオンが発生するので、銀製品をこのラップで包むと、

 塩素イオンと銀とが化学反応し、塩化銀の皮膜が出来て黒くなってしまいます。

 硫化よる黒ずみより、非常に強固で塩化による黒ずみをとるのが非常に困難です。

 その為、塩化ビニデリン系ラップ(サランラップ、クレラップ等)で包装し保管するのはお勧めできません。

 

 【ジップロック等】

 ②ポリエチレン系ラップは、ジッパーつきポリ袋(ジップロック等)がこれにあたります。

 ガスバリアー性が低く包んでも硫化反応を完全に防ぐことができません。

 しかし銀が変色を遅らせる程度の効果はあります。

 空気を抜いて2重に包装すると結構もちます。

 

 【関連記事】

 シルバーアクセサリーが黒くなる原因

 シルバーアクセサリーのお手入れ方法

  アクセサリー用品紹介 (シルバーの変色防止材:シルキープ)


 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス